ヨーグルトが腸内環境を整えてくれることは有名な話ですが、その効果をさらに上げる方法があることをご存知でしょうか? 作り方は、ヨーグルトを温めるだけで完成です。今回はこのホットヨーグルトの優れた効果と作り方を紹介します。 なぜホットヨーグルトにするのかというと、冷たいままだと、ヨーグルトの有効成分の吸収が妨げられてしまうからです。 また、腸が冷えるとヨーグルトの中の乳酸菌の活動が低下してしまいます。 ホットヨーグルトの効果は、温めることで活性化した乳酸菌は、腸内環境を整え、老廃物の排出を促進し、便秘の改善が期待できます。 さらに、温かいものを摂取し、消化器官の温度が上がると新陳代謝が促進され、下痢の予防・改善にも効果が期待できます。 ホットヨーグルトの作り方は、ヨーグルトを20~30秒、レンジで温めるだけで完成です。ダイエット目的で食す場合は、砂糖の入っていないプレーンヨーグルトがお勧めです。ただし、ヨーグルトの中の乳酸菌は50度以上の熱で弱ってしまい、加熱し過ぎると、ヨーグルトの水分と乳成分が分離して味も悪くなるので注意が必要です。 ホットヨーグルトを食べるタイミングは、ダイエット効果を求めるのであれば、朝食で、糖質やカロリーの高いパンやごはんをホットヨーグルトに置き換えるのがいいでしょう。 ヨーグルトには体に必要なビタミン、ミネラル、タンパク質が豊富に含まれているので、ダイエットをするうえで注意が必要な飢餓状態になりにくくなる長所があります。 飢餓状態とは極端な食事制限などを行うことで、防衛本能が働き、いつも以上に体が栄養や脂肪をため込もうとする状態を指します。 せっかくカロリーを抑えてもこうなってしまってはダイエットを成功させることが困難になってしまいます。だから、十分な栄養のあるヨーグルトとカロリーの高い食べ物と置き換えることで、一日のカロリーを抑えることができます。 寝つきが悪い、寝ても疲れが取れないという場合は夕食後に食べることをおすすめします。 腸内環境が整うと脳内にリラックス効果のあるセロトニンが分泌され、快眠を促してくれます。 ヨーグルトを温めることで健康効果が上がったり、ダイエット効果が期待できるというのは、目からうろこだったのではないでしょうか? 上記で紹介したように作り方は非常に簡単なので、早速、試してみることをおすすめします。

ラントゥルース 口コミ